妻が突然の交通事故死|妻の連れ子の17歳女子高生と29歳夫の同棲生活が始まるも波瀾万丈…

2018-11-01 21:55:23

もし突然、女子高生と同棲することになったら…

12歳年上の妻が突然の交通事故死…

玲央さん(仮称)には12歳年上の嫁と、12歳年下の娘がいました。

 

結婚当時、玲央さんは25歳。嫁は33歳、娘は13歳でした。

玲央さんの嫁はバツイチで、娘は前の夫との子供です。

 

20代前半にして、突然大きな娘ができてしまった玲央さん。

娘との関係は、はじめこそギクシャクしていましたが、数年も過ぎたころにはそれなりに仲良くできるようになりました。

 

玲央さんと嫁の間に子供はいませんでした。

収入面で不安があるというのもありましたが、一番は娘の気持ちを考えた結果でした。

嫁と何度も話し合い、子供は娘一人で十分だということに決めたのです。

 

 

そして、娘が17歳のとき、嫁が突然の交通事故で帰らぬ人になりました。

 

そのとき、玲央さんはどうすればいいかわからなくなったそうです。

突然の嫁の死を現実のものと受け入れることができませんでした。

さらに、血のつながっていない娘と二人きりになってしまったのです。

これからどうすべきか、玲央さんは深く悩みました。

 

その頃には玲央さんの仕事も安定し、収入面での不安はありませんでした。

娘は料理や洗濯など、一通りの家事ができるしっかり者に成長していました。

なので、嫁がいなくなった寂しさや悲しさはあるものの、とりあえず毎日の生活を送る上での問題はないはずだったのですが・・・

女子高生の娘との同棲を反対する妻の親戚連中

しかし、玲央さんと娘が二人暮らしをすると聞いた嫁側の親戚が騒ぎ立て、あれこれと口を出してきたのです!

 

叔母さん

あなたはまだ若いでしょう?

人生やり直すこともできるのよ。

血の繋がっていない年頃の娘と同棲なんて・・・

血も繋がっていない年頃娘を男一人で育てられるはずないだろう?

カップルでもおかしくない歳の差だし・・・

叔父さん

叔父さん

再婚したら、子供は邪魔になるにきまってる。

君はまだ29歳なんだ。

何だか可哀想だよ・・・

 

どれもこれも、余計なお世話だと玲央さんは思いました。

 

もちろん親戚が心配する理由もわかります。

29歳の男と17歳の女子高生が同棲すると聞いて、やましい想像をしてしまうのは仕方がないのかもしれません。

 

でも、玲央さんはあり得ないことだと思いました。

 

なぜなら、玲央さんは娘のことを本当の自分の娘だと思って今まで育てていたのです。

 

なにより、娘は嫁が残してくれた大切な形見です。

 

これからも自分が育てる以外の選択肢はまったく考えていませんでした。

 

でも、娘がどう思っているのか?

 

それだけが玲央さんの気がかりでした。

 

しかし、娘は

いまさら足の臭いオッサンとどうにかなるとかありえないよ(笑)

と笑ってくれたのです。

 

その言葉に玲央さんは救われました。同時に、娘の気持ちをとても嬉しく思いました。

 

そして、玲央さんは親戚の言うことはすべて無視して、娘との二人暮らしをはじめました。


関連記事